●BLOG:SUCCESS BIZ-NAVI

1. 人材サービス産業の現状! 1)平成 29 年度の求人メディアの総掲載件数=約 1500 万件(NET データより) 2)利用者の人口数=約 3000 ~ 5000 万人(弊社推定値:1 位の Indeed だけでも利用者数 1140 万人、エン転職 600 万人) 3)人材サービス産業年間売上市場規模=約 9 兆円(求人広告:約 1 兆円、派遣:6 兆 3 千億円、職業紹介他:約 1 兆 7 千億円) 2. 人材サービス産業が生んでいる大きな課題! 1)派遣の自由化制度がきっかけとなり、行政も民間も人事部門が以前の様に直接求人活動をせず、全て人材会社へ任せる事で新たな巨大産業が生まれた。 しかし、官民共に広告費が発生する為、入札により人件費削減を図ろうとする為、仕事が欲しい人材会社は無理して請け負う。その結果生まれる質の 低い業務成果の顕著な代表例が今国会で問題になっている厚生労働省他の行政資料である。この様な違法性ある低質な仕事結果が一事が万事とすれば、 巨大人材サービス産業誕生以来、官民にこれまで数多発生しているであろう予測される。